創刊のあいさつ

身の回りで起きていること、起きようとしていることを知るのは生活に欠かせません。そのためにこれまで多くのメディアが登場しました。

メディアとは情報の媒介者です。かつては絵や文字を描いた壁がメディアでしたし、法令を知らせる高札や出来事を知らせる瓦版もメディアです。

近代は新聞とテレビが主要メディアでしたが、21世紀はネットがその位置に就きました。

ネットは世界をつなぎます。ネットというメディアで世界が結ばれたのが現代です。例えばウクライナやニューヨークの出来事がほぼリアルタイムで把握できます。災害が起きたとき、SNS上にアップされた動画をすぐに見ることができます。

そんな時代であっても、身の回りの出来事を知る大切さは変わりません。私たちは高知の出来事を掘り出し、高知の皆さんに届けるメディアを構想しました。

できたのが、この「News Kochi」です。出来事すべてを網羅するのは新聞に任せます。そこからこぼれ落ちた、あるいは手が届いていない出来事に手を伸ばしたいと考えています。

取材、執筆を担うのは主に私たち新聞記者OBです。手が伸ばせる出来事はほんの一握りです。それでもないよりはあった方がいい、と思われるメディアを目指します。

費用は寄付や広告です。月々の寄付をいただけるサポーターを募っています。

趣旨に賛同していただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

2024年1月

依光隆明(元高知新聞社会部長、元朝日新聞特別報道部長)
岡林直裕(元高知新聞編集委員)

おすすめ記事

  1. 高知市による民有地占拠疑惑① 唐突に所有権を主張、遊び場塞ぐ
  2. 惜別 土佐沖で特攻、叔父たちの青春を追った土田彰さん
  3. 報道被害の実態と救済を学ぶ 松山市で市民学習会






PAGE TOP