シリーズ

  1. 四国山地リポート 「考えぬ葦・ヒト」の営為⑥屈指の清流に小規模ダム計画

    愛媛県四国中央市にある県内有数の清流に、堰(小規模ダム)の建設を伴う小水力発電事業計画が浮上している。ダムがなく、美しい流れを誇るこの川は、四半世紀前にもダム計画が持ち上がって住民が阻止した歴史を持つ。今回も住民が不同意署名活動を行うなど、…

  2. 龍馬記念館のカリスマ、最期のカウントダウン⑨孫さんは泣いていた

    高知県立坂本龍馬記念館の名物館長だった森健志郎さん(1941~2015)が亡くなったのは2015(平…

  3. 高知市による民有地占拠疑惑⑥「退職したらお返しを」

    古谷寿彦さん(81)、滋子さん(78)夫妻がのちに「あそび山」となる高知市福井町の谷沿いを購入したの…

  4. 四国山地リポート「考えぬ葦・ヒト」の営為⑤国内外来種の罪㊦四国のブナが危ない

    現在の愛媛で、四国で、最も深刻なのは山であり森である。各地で植樹活動が盛んだ。「水源の森を守ろう」「…

  5. 高知市による民有地占拠疑惑⑤原点は県の「あそびの森」

    休日ともなると、高知市福井の「あそび山」では小さな子どもたちが思い思いに遊んでいる。明快な理由を示さ…

  6. 龍馬記念館のカリスマ、最期のカウントダウン⑧唐突だった退任通告

  7. 四国山地リポート「考えぬ葦・ヒト」の営為⑤国内外来種の罪㊤ホタルの遺伝子が危ない

  8. 高知市による民有地占拠疑惑④違法、偽造、紛失、嘘……

  9. 龍馬記念館のカリスマ、最期のカウントダウン⑦「平和」にこだわった

  10. 高知市による民有地占拠疑惑③理由もなく花壇ができた?









PAGE TOP