中山間

  1. 高知の土木業者が能登半島地震に遭って感じた違和感

    20年にわたって防災に取り組んできた高知市の土木会社経営者が2024年元旦、石川県輪島市で能登半島地震に遭遇した。幾度も国内外の被災地を踏んできたが、自身が被災するのは初めて。すさまじい揺れに遭いながら思ったのは、「この体験を今後に生かさな…

  2. マグロ土佐船、南ア・ダーバン沖の決断 荒天の中、23人を奇跡の救出

    室戸市吉良川町の山田勝利さん(86)は、経営するミニスーパーの2階を小さなサロンにしている。自身が歩…

  3. 高知2年、神奈川5カ月。森林整備に見る違和感

    山間地域で人々が暮らすために何が必要か。それを考えるため、高知県で木の伐採を学び、今は故郷の神奈川県…

  4. 16歳アイドルの自死、そして報道被害

    限りない未来があるはずだった16歳の少女が6年前、自らの命を絶った。「愛媛の美味しいを全国へ そして…

  5. ほん。ニホンカワウソは絶滅していない!

    リニア中央新幹線の南アルプストンネルは山梨県早川町から長野県大鹿村までの25キロを穿ち抜くことになっ…

  6. 災禍の中から一筋の光 「こつも炭丸」の物語







PAGE TOP